株式会社ダイドウ トランスプラネット

一般港湾運送事業・通関業・貨物自動車運送事業・倉庫業・国際複合輸送事業

会社情報 事業紹介 新着情報 採用情報 よくある質問 お問い合わせ

通関業・港湾運送事業

事業・サービス紹介

 

お問い合わせ

 

HOME»  通関事業

通関事業

■通関事業

 当社は通関業法に準じ、横浜税関および東京税関の通関業許可を受け、輸出入における通関業務の代行を行なっています。
非常に手間のかかる通関手続き業務を、専門のスタッフが最速の手順で間違いなく行うことで、通関にかかる時間を最短にする努力をしております。
また、港湾運送事業法に定められた港湾運送事業者である当社は、保税地域(輸出または輸入を行う貨物を輸出入手続が終了するまで一時保管する場所)と他の場所との間の運送が自社でできるため、通関業務だけを代行する通関業者に比べて、迅速かつ臨機応変な対応が可能であり、多数のお客様からの高い満足を頂いております。
当業務は、財務省管轄の通関業務に関する国家資格を有する通関士※が行なっています。
※通関士が専門とする法律
・通関業法
・関税法
・関税定率法及び、その他関税に関する法律

  通関・港湾運送事業

 

■輸入通関手続き

 外国から我が国に到着した貨物(外国貨物)を国内に引き取る際には、保税地域を管轄する税関へ、輸入(納税)申告を行い、税関検査が必要とされる貨物については必要な検査を受けた後、関税・消費税を納付する必要がある場合には、これらを納付して、輸入の許可を受けなければなりません。

 

輸入通関手続き

 

輸入通関手続き

 

輸入通関手続きは以下のフローで行います。
1、輸入者様より船積書類(為替手形、商業送り状 (commercial invoice)、信用状原本等)を受け取り、貨物の内容を確認します。
2、貨物の品目ごとに異なる課税率を割り当て、関税・消費税の算出を行い、通関書類を作成します。
3、海運会社より船荷証券(Bill of Lading=B/L)を受け取り、通関書類とともに、税関に納税申告を行い、審査を受けます。
4、審査の結果、税関が申告書記載の貨物と実際の貨物が同一であるか、税番が正しいかなどを確認する税関検査が必要とした場合、
  これに立ち会います。
5、申告書の承認を得た場合、必要な関税・消費税を輸入者様または当社が立て替えて納税し、輸入許可を得ます。
6、保税地域より、輸入者様の指定場所へ貨物を輸送します。

 

■輸出通関手続き

 貨物を輸出しようとするときは、税関へ輸出の申告を行い、貨物につき必要な検査を経てその許可を受けなければなりません。
輸出の申告は、輸出の許可を受けるためにその申告に係る貨物を入れる保税地域等の所在地を所轄する税関に対して行います。

 

輸出通関手続き

 

輸出通関手続き

 

輸出通関手続きは以下のフローで行います。
1、輸出者様より頂く貨物の内容をもとに、船積み手続きに必要な貨物明細(ドックレシート)を作成します。
2、ターミナル(保税地域)に貨物を運び入れ、海運会社に貨物明細を提出します。
3、海運会社より船荷証券(B/L)の発行を受けます。
4、貨物の品名や数量、価格その他必要事項を記載した所定の様式の輸出申告書を作成し、船荷証券やその他必要な書類を添えて、
  税関に提出します。
5、輸出許可書の発行を得ます。