株式会社ダイドウ トランスプラネット

一般港湾運送事業・通関業・貨物自動車運送事業・倉庫業・国際複合輸送事業

会社情報 事業紹介 新着情報 採用情報 よくある質問 お問い合わせ

倉庫事業

事業・サービス紹介

 

お問い合わせ

 

HOME»  通関事業»  倉庫事業

倉庫事業

■倉庫事業

 当社は現在、平成4年に新設した大黒センターを第一倉庫、Y-CCセンター(横浜港国際流通センター)を第二倉庫とし、倉庫事業を行なっています。

 

倉庫事業

 

■大黒センター

 当社は平成4年、横浜市鶴見区大黒ふ頭に、自社物流倉庫の大黒センターを新設しました。海上コンテナによる国際海上輸送に特化した積替え・保管倉庫として、高い利便性と多様な機能を持った流通センターです。

 

大黒センター

 

大黒センター

 

◆品質を維持する定温・定湿庫
 大黒センターでは、温度管理、湿度管理が求められる商品をシビアに保管するために、3つの定温・定湿庫を装備しています。温度は10~15℃、湿度は60%前後に設定してあり、保管商品の品質維持に配慮しています。

 

大黒センター設備

床面積 18500m2(5500坪)
定温倉庫 2,640 m2
常温倉庫 3,360 m2
荷捌場(高床部) 1,400 m2
トラック駐車場 1,200 m2
天井高 小梁下 5.15 m
定温庫 4.90 m
荷役設備 ドックレベラー6基
テーブルリフター 1基
構造 鉄骨造 5階建

 

■Y-CCセンター・ダイドウ第二倉庫

 Y-CCセンター(横浜港国際流通センター)は、輸入拠点形成のために国から指定され、1996年8月に開業した国際総合物流施設です。大黒ふ頭コンテナターミナルに隣接した、全長634m、延床面積32万m2の国内最大級の物流施設で、全体が総合保税地域に指定されています。当社はY-CCセンターの1F105号に、自社倉庫を保有しています。

 

Y-CCセンター・ダイドウ第二倉庫

 

Y-CCセンター・ダイドウ第二倉庫

 

Y-CCセンター設備

床面積 4300m2(1300坪)
常温倉庫 3,693 m2
荷捌場(高床部) 584 m2
天井高 小梁下 5.15 m
荷役設備 ドックレベラー6基
テーブルリフター 1基
構造 鉄骨造 5階建の1階

 

■横浜港・東京港へ優れたアクセス

 当社の2つの倉庫は、国内の4大国際港(東京港、横浜港、名古屋・四日市港、大阪・神戸港)のうち、取扱荷量が2番目に多い横浜港の主要拠点である大黒ふ頭に立地しています。
横浜港の3つの国際コンテナターミナルへのアクセスは、大黒ふ頭コンテナターミナルにほぼ隣接し、目の前に見える本牧ふ頭コンテナターミナルが横浜ベイブリッジを渡ってすぐの位置にあり、その先の南本牧ふ頭コンテナターミナルも至近です。
 国内最大の取扱量を誇る国際港である東京港の国際コンテナターミナル(大井ふ頭、青海ふ頭)へは、首都高速湾岸線・横羽線大黒ICより30~60分程度でアクセス可能です。大黒センターは大黒ICまで1分の位置にあります。

 

横浜港・東京港へ優れたアクセス

 

■付加価値の高い倉庫サービスを提供

付加価値の高い倉庫サービスを提供

 

 流通ルートの短縮、在庫の圧縮、必要に応じた流通加工など、物流コンサルティングおよび倉庫サービスを行なっています。国際海上物流のプロフェッショナルとして、お客様の経営を物流から高めるためのお手伝いをしています。

<ダイドウトランスプラネットの倉庫サービス>
輸送・配送
検品・仕分け・在庫管理
値札付け・ラベリング・梱包
定温・定湿保管
保税蔵置

 

■保税蔵置場の認可を取得

 当社の倉庫は、税関より保税蔵置場の認可を得ております。輸入した貨物を外国貨物のまま、3ヶ月、蔵入れ申告をした場合には2年間の保管が可能です。
保税蔵置の期間は関税・消費税の納税が留保されるため、必要な数量分の税金のみを都度納税し、輸入・出庫ができるという大きなメリットがあります。

 

保税蔵置場の認可を取得